« キングダムハーツ 358/2 Days ファーストインプレッション | トップページ | キングダムハーツ 358/2 Days その2 »

2009年6月10日 (水)

逆転検事 クリア後の感想

アドベンチャーなのでちょいバレありです。

<プレイ進行度>
逆転シリーズは1~4クリア
約12~15時間

<オリジナリティ>
逆転裁判のシステム+α
ロジックはギリギリ可でしょうか。
もうちょっと工夫できたかもしれないですけど。

<グラフィックス>
いつもの感じ
追求時のキャラのリアクションがちょっと足りない感じでしょうか?
関係ないところでリアクション大きくても意味ないんですけどね。

<音楽>
いつもの感じ
スピンオフなので”異議あり”の声のパターンの変化
などの遊びが欲しかった。

<熱中度>
今回は仕事やプライベートの用事により、
かなり細切れのプレイになってしまいました。
低くはないけど睡眠時間を削ろうとまでは考えないくらいでしょうか。

<満足感>
1,3ほどではないけど
4よりちょっと上でしょうか。

<快適さ>
ストレスはほとんどなし、快適に進みます。
4の新システムが面倒くさかったので、
それと比較するとテンポが良いです。

最終話がちょっと長かったでしょうか。
何回最後のチャンスがあるのか?・・・と。

セーブファイルに後編2とか中編2とか
書いてあると、”3があるのか?”と
思ってしまいました。

<難易度>
ちょうどいいぐらいでしょうか。
トリックはすぐわかります。
悩むのはつきつける証拠品のタイミングですね。

<Good!>
逆転シリーズをプレイできること
旧作キャラ多数登場
タッチペン、ボタン両方可能

<Bad!>
法廷シーンで追い詰めていくたびに
証人のリアクションがだんだん大きくなっていくのが
好きなんですけど、今作はちょっと薄めでしょうか。

”追求の議論が逆転している”感が
薄いような気もしました。
”こいつが犯人”とわかって追求していますから。

中断セーブすると、タイトル画面に戻る
→追求前に必ずセーブをするヘタレプレイヤーなので
 ちょっと面倒くさかったです。

<総評>
多少システム的な変化はあるものの
基本的にはいつもの逆転シリーズです。
無難に過去作を踏襲している感があります。

捜査時の小さいキャラは否定の意見もありますが、
移動の操作の手間が省けるので個人的には可。

逆転裁判1、3のような読んでいてワクワクする感じが
薄かったような気がします。
御剣のキャラがクールなのも要因の一つでしょうか。

逆転シリーズのクオリティは保っているものの
スピンオフなのでもっと遊んで欲しかったとも思います。

オススメ度75~80点(逆転シリーズへの思い入れによって変化)

これがシリーズ初という人にはおすすめしません。
廉価版もあるので、4はともかく1~3をプレイすることを
オススメします。

|

« キングダムハーツ 358/2 Days ファーストインプレッション | トップページ | キングダムハーツ 358/2 Days その2 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112458/45294342

この記事へのトラックバック一覧です: 逆転検事 クリア後の感想:

« キングダムハーツ 358/2 Days ファーストインプレッション | トップページ | キングダムハーツ 358/2 Days その2 »