« 日々趣味諸々 その241 | トップページ | 日々趣味諸々 その243 »

2011年8月 5日 (金)

日々趣味諸々 その242

<それでも、生きてゆく>

ちょうどヤングアニマルで

の6巻の続きの話を読んだ直後に見たので気になりました。

三月のライオンは将棋のプロという理由で
このドラマの登場人物は殺人事件の加害者、
被害者の家族という理由で
第三者からの心ない発言をうけてしまいます。

・三月のライオン
 「いくら稼いでいるの?」、「はやく名人になれよ」

・それでも、生きてゆく
 「子供を野放しにした親」、「殺人犯の家族だから謝れ」

程度問題としては三月のライオンでの発言は
大きなものではありませんが
相手の立場を考えない放言の怖さを気付かせてくれました。

三月のライオンを読んだ後だったからこそ
「それでも、生きてゆく」の登場人物の受けている
世間からの短絡的な批判の怖さに気付けたのかもしれません。

Motherの脚本と同じ人なので
録画はしていながらもテーマが暗かったので
見るのを控えていましたが、見て良かったかも。

もう少し書きたいことはあるのですが
頭の中をうまく表現できません(□ω□;)

|

« 日々趣味諸々 その241 | トップページ | 日々趣味諸々 その243 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112458/52397099

この記事へのトラックバック一覧です: 日々趣味諸々 その242:

« 日々趣味諸々 その241 | トップページ | 日々趣味諸々 その243 »