« 日々趣味諸々 その289 | トップページ | 日々趣味諸々 その291 »

2012年2月 8日 (水)

日々趣味諸々 その290

殺人者の顔 ヘニング・マンケル

研究生公演の際に栄地下で購入。

ミステリーとカテゴライズされていますが、
謎解き的なものはあまりなく
刑事小説といった方が正しいかも。

個人的に探偵・警察問わず
普通の人間の犯人捜しものが好きなんですよ。
特に海外ものが好きです。
(和物は情念とかが入り混じってそうな偏見があるため)

フロストシリーズを比較すると、
主人公はややまっとうな人格でしょうか。

まっとうに捜査して、
刑事の勘が外れたりしながらも
犯人を見つけていく過程をリアルに感じます。



<余談>
元アイドルが現役時代の恋愛を語るのって、
引退したレスラーがヤオガチを語るのに似ている

”現役時に稼いだんだから墓まで持って行って”という気持ちと、
今お金ないから昔のことをネタにして稼いでいるんだなって所も。

|

« 日々趣味諸々 その289 | トップページ | 日々趣味諸々 その291 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112458/53933416

この記事へのトラックバック一覧です: 日々趣味諸々 その290:

« 日々趣味諸々 その289 | トップページ | 日々趣味諸々 その291 »