« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月28日 (木)

SKE 2013年3月12日 S公演 雑感


<SKE 2013年3月12日 S公演 雑感>

色々あって遅い書き込みになってしまった(□ω□;)

新劇場になって二回目のS公演
月一ペースの当選は弱遠方の私にとっては非常にありがたい。
来月はガイシコンと武道館があるので
公演への応募ができなさそうですが…

ビンゴ抽選は相変わらず半分より後ろ(□ω□;)
(最高5列目、最低後ろから2列目)

4回とも立ち見がないのをラッキーと思うか
女性学生遠方枠より前に行ったことがないのをアンラッキーと思うか
どちらでしょう(□ω□;)

思い出以上の時、
月1回ペースの当選で来月がガイシコン、武道館ということは
もしかしたら卒業組が出演しているS公演を見るのは
これが最後かもしれないと思ってしまった。

制服の芽公演は安定して楽しいのですが、
他グループのウェイティング公演の多さをみると、
(新公演ができないのが原因ですが)
制服の芽もいつ千秋楽になってウェイティング公演に
移行してしまうかわからないので
一回一回を大切にしないと。

年度末は忙しいので公演の応募は3月は見送り
4月もガイシコン(14夜)、武道館が当選したので
公演の応募は難しいかも。

でも卒業公演は行きたいので
(倍率は当然高いでしょうが)
お金を貯めないといけない(□ω□;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

レイトン教授と奇跡の仮面 クリア後の感想

レイトン教授と奇跡の仮面

14時間位プレイ。
3DSの本体と同時購入
かなり長い期間積んでいたので(□ω□;)
本編のストーリーのみプレイ

立体視はまったくせず(□ω□;)

<オリジナリティ>
いつもの通り
脱衣麻雀のような展開でナゾ解きがきます(□ω□;)


<グラフィックス>
上手く立体化できていると思います。


<熱中度>
本編ではなく3DSのバッテリー切れの早さに
腹が立って積みゲー行き


<満足感>
ミニゲームまでプレイしていれば
満足感は高そうですが
今回は見送り


<快適さ>
DS版から少し変更になったので慣れが必要


<難易度>
シリーズをプレイしていれば問題ない感じ

ストーリー終盤に強制的に解く必要があった
難易度がかなり高いナゾはなくなった?


<Good!>
・シリーズをプレイしている人には
 操作系の変更を除けばスンナリ入り込める。

・プレイはしていませんがミニゲームの多さ


<Bad!>
・メインシナリオで説明不足の所がチラホラ。

・今までのタイトルに比べて
 本編をクリアするまでのナゾの数が少ない?
(その後ナゾが配信されたようですが)




<総評>
3DS本体と同時購入して
あまりのバッテリーの減りに早さに愕然とした後
かなりの間積んだままにしていました(□ω□;)

その後大容量バッチリーを購入したり、
二、三度復活するも他の新作が出た時に中断(□ω□;)

次作も発売するしとりあえずクリアはせねばと思い
ミニゲームは無視してクリアしました。

今までのシリーズをプレイしている人なら
操作系の変更を除けばスンナリ入っていけるでしょう。
あまりにもブツ切りでのプレイなのと
寄り道をあまりプレイしていないので点数をつけるのはやめておきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

ファンタジーライフ クリア後の感想

65時間プレイ
王国兵士、傭兵、鍛冶屋、大工はマスターまで
その他の職業はうでききくらい。

仲間、ペット、別荘、部屋の装飾などは未プレイ。

<オリジナリティ>
オープンワールドRPGにカテゴライズ
されるらしいですが、今作が初めて。

様々な職業で楽しむことができるRPGということなのでしょうか。


<グラフィックス>
どうぶつの森を思い出させる
グラフィックですが
独特の雰囲気あり。


<熱中度>
あるアイテムを作るために
素材を探したり、敵を倒したりする
難易度が私にはちょうど良かった。


<満足感>
鍛冶、大工で高品質のものが作れた時は嬉しい


<快適さ>
ライフの変更やビッグアイテムの運搬は
少しわずらわしい。


<難易度>
ボスを倒そうとすると
けっこう難しい。


<Good!>
・鍛冶、大工が楽しい
 それに伴って採掘、木こりも楽しい。

・個人的に難易度がちょうど良かった

・すぐに自宅やライフのマスターの所に飛べる


<Bad!>
・もう少しアイテム数に余裕が欲しい

・仲間キャラ
 連れていくとわずらわしいだけかと思い
 仲間は増えても連れていくことはしませんでした。

・ビッグアイテムの運搬

・ボス敵は回復アイテムに頼りがち

・違うライフのクエストの情報はどうやったら
 確認できる?

・サブライフ的なものがあっても良かったかも
 (大工のサブが木こりとか)




<総評>
オープンワールドRPGにカテゴライズされるらしいですが
オープンワールドRPG自体を知らずにプレイ。

オフラインでプレイするオンラインRPGのような感じでしょうか。

オンラインRPGはほとんどプレイしたことがないので
良くわかりません。

メインのシナリオは
非戦闘系のライフも加味してか
ほとんど戦闘はしなくても進みます。
まったく情報がなくメインシナリオだけを進めた人には
かなりあっさりしたゲームと映るかもしれません。

自分で採掘した鉱石を使って鍛冶をしたり、
自分で切った木で大工をしたりは楽しかったです。

そういう意味では錬金術や魔法使いは
ライフのつながりがない非戦闘系のライフなので
少し寂しいかもしれません。

ライフの種類など横の展開を広げるのか
メインストーリーなどの縦の展開を広げるのか迷う所ですが
今作はかなり満足できました。

84点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »